solving your case. case by case

NIMBLE. PERSONAL. PROFESSIONAL.

案件の受任から終結まで、%_専門家が迅速に_かつハンズオンで_%対応します。 

samuel-zeller-136371.jpg

柴田・鈴木・中田_法律事務所について

自由かつ独立した_%立場の保持

法律事務所の大規模化にはいくつもメリットがある一方で、大規模化に伴いコンフリクトの発生は不可避となります。当事務所ではそのようなコンフリクト発生のおそれは低く、迅速にアドバイスを開始することができます。また、当事務所はアジア各国を初めとする諸外国のローファームと良好な関係を維持しており、案件毎に最適な現地法律事務所を選定し協働しています。当事務所は、自由かつ独立の立場でリーガルサービスを提供することをお約束します。

きめ細やかな_%ハンズオン対応

当事務所では、弁護士が担当案件を案件終結までハンズオンでかつ機動的に対応することを重視しています。また、クライアントとのコミュニケーションを密にし、クライアントのビジネスを理解した上で、クライアントにとってベストな解(ソリューション)を導き出すことを目指します。当事務所は、小規模ならではのフットワークの良さを活かしてクライアントのニーズに応えることをお約束します。

リーガルサービスの%_品質維持

当事務所の弁護士はいずれも国内大手渉外事務所において長年にわたる豊富な実務経験を有していましたが、当事務所設立後も、各自の専門分野で最先端の案件に引き続き従事しています。また、海外留学等の経験を活かし、クロスボーダー案件にも数多く対応しています。当事務所は、高度なリーガルサービスを提供するために必要な専門分野の知識水準を維持することをお約束します。


所属弁護士

柴田 堅太郎

所属弁護士会

第一東京弁護士会・2001年登録(司法修習54期)
ニューヨーク州弁護士・2007年登録

取扱分野

M&A、組織再編、ジョイントベンチャー、ベンチャーファイナンス、コーポレートガバナンス、 敵対的買収防衛、株主総会指導、企業の支配権獲得紛争などのコーポレート案件、コンプライアンス、労務問題、企業法務全般

柴田 堅太郎

鈴木 健太郎

所属弁護士会

第一東京弁護士会・2001年登録(司法修習54期)

取扱分野

バンキング&ファイナンス(LBOファイナンス/買収ファイナンス、アセットファイナンス、バンキング全般)、M&A/コーポレート、コーポレートガバナンス・コンプライアンス・官公庁対応、ベンチャー・スタートアップ支援、不動産、その他企業法務全般

鈴木 健太郎

中田 裕人

所属弁護士会

第一東京弁護士会・2001年登録(司法修習54期)

取扱分野

知的財産権契約、ライセンス契約、知的財産権紛争、米国特許訴訟・知財訴訟対応、トロール対応、知的財産権法務全般、IT法務、エンターテイメント法務、ゲーム法務、M&Aにまつわる知財戦略・知的財産DD、知財出願戦略、企業法務全般

中田 裕人

押味 由佳子

所属弁護士会

第一東京弁護士会・2002年登録(司法修習55期)

取扱分野

不動産証券化・不動産取引全般、バンキング&ファイナンス、コーポレート/M&A、グループ再編、贈収賄法対応、コンプライアンス、その他企業法務全般

押味 由佳子

渡邊 伸太郎

所属弁護士会 

ニューヨーク州弁護士・1997年登録
第一東京弁護士会・2003年登録(司法修習56期)

取扱分野

M&A、組織再編、ジョイントベンチャー、コーポレートガバナンス、敵対的買収防衛などのコーポレート案件、コンプライアンス・プログラム、労務案件、輸出管理関連法務、国際貿易法、個人情報・営業秘密管理、企業法務全般、行政関連法務全般

渡邊 伸太郎

お知らせ

『買収ファイナンスの法務(第2版)』の出版

鈴木健太郎弁護士が執筆に参加した『買収ファイナンスの法務(第2版)』が出版されました。

鈴木健太郎弁護士による_%LBOファイナンスに関するセミナー

鈴木健太郎弁護士が、金融財務研究会主催の下記セミナーの講師を担当します。
「LBOファイナンスの基本と近時の多様化への対応」
日時:2019年1月9日(水)午後1時30分~午後4時30分
会場:金融財務研究会本社 グリンヒルビル セミナールーム
詳細:https://www.kinyu.co.jp/cgi/seminar/k190045.html

渡邊伸太郎弁護士が_%国際商事法務誌に_%寄稿しました。

渡邊伸太郎弁護士が国際商事法務2018年10号(10月15日発売)に「WTOアンチダンピング等最新判例解説(40) 輸出入者等間の連合、費用を妥当に反映しない証拠の排除及びパネル設置後の措置の審理の可否」と題する判例評釈を寄稿しました。

リンク: http://www.ibltokyo.jp/bulletin/1285.html

荒井真太郎弁護士の入所

2018年7月17日、荒井真太郎弁護士がアソシエイトとして当事務所に入所いたしました。

柴田堅太郎弁護士が_%会社法務A2Z誌に寄稿しました。

柴田堅太郎弁護士が、会社法務A2Z 2018年7月号に「相談役・顧問に関するCG報告書の開示事例の分析と課題」と題する記事を寄稿しました。


事務所概要

所在地
〒100-6017
東京都千代田区霞が関3-2-5
霞が関ビルディング 17階

所属弁護士数
6名

電話番号
03-3539-2720 (代表)

FAX
03-3539-2721

アクセス
銀座線| 虎ノ門駅 - 11出口  ▷ 徒歩2分
南北線|溜池山王駅 - 8出口 ▷ 徒歩2分
丸の内, 日比谷, 千代田線|霞が関駅
 - A13出口 ▷ 徒歩7分
有楽町線|桜田門駅 - 2出口 ▷ 徒歩9分
都営三田線|内幸町駅 - A3出口 ▷ 徒歩10分